• 料金
  • アクセス

産後骨盤矯正

近年では産後の骨盤の歪みの悩みを抱える女性が非常に増えてきています。

出産後に腰痛が続いていたり、妊娠後からO脚ぎみになった感じがする、出産後3ヶ月経っても体重が元に戻らない、下腹部の膨らみが気になる、くびれがなくなったなどのトラブルが具体的です。

出産を経験した女性は、産後の骨盤の歪みのトラブルを抱えるケースが多いので、その原因と症状について、しっかりと把握しておくことが求められます。

産後の骨盤の歪みの原因と症状

産後の骨盤の歪みの原因としては、リラキシンと呼ばれる成分の働きが考えられます。

女性は妊娠をするとにリラキシンと呼ばれるホルモンが分泌されます。
このホルモンは出産の際の赤ちゃんの通り道を確保し、赤ちゃんが外に出やすいように骨盤にある靭帯を緩め、骨盤を開きやすくする働きを持ちます。

一般的に出産すると開いた骨盤は3から4ヶ月程度かけて元に戻っていくことになります。

しかし妊娠期間中に筋力が低下してしまったり、骨盤の中にあるインナーマッスル、内腿の筋肉が弱くなったりすると、正常の位置には戻りにくくなってしまうのです。
すると骨盤の歪みなどの症状が出やすくなります。

骨盤が歪むことで生じる症状としては、冷え性やむくみ、尿漏れや生理不順、その他にも腰痛や膝の痛み、股関節痛などを引き起こすこともあります。

産後骨盤矯正は当院にお任せください

実際に産後骨盤矯正と言われる治療は骨盤の周辺の筋肉を柔らかくするための治療であり、骨の歪みは子供を産んだからではなく元来の様々な姿勢の悪さによる歪みが原因となっていることが多いものです。
歪みで状態が悪化する前に当院にお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

京都府南丹市 | ひまわり鍼灸整骨院のお問い合わせ

お問い合わせ

店舗情報

院名 ひまわり鍼灸整骨院
住所 〒622-0011
京都府南丹市園部町上木崎町大将軍2-1
受付時間
(平日・土曜・祝日)
午前 9:00~12:30
午後 16:00~21:00
受付時間
(日曜日)
午前 9:00~13:00
午後 15:00~17:00
定休日 水曜日

Google Map

GoogleMap