• 料金
  • アクセス

腱鞘炎について

ばね指は指を使いすぎた時に生じる腱鞘炎ととても関係性が深い症状ですが、腱鞘炎と異なるのは既に症状が進行していて円滑に動かすべく働く組織が動かなくなっている事が影響している様子です。

ばね指の症状と原因

指がスムーズに動作するのは組織が必要以上に浮き上がってしまわないように働いているためであるものの、組織が本来の働きをしなくなると抑え込む力が弱まり、ばね指の症状を引き起こします。

腱鞘炎は握り込む動作をする機会が多い方が生じますが、ばね指が特徴的なのは握り込む動作をする方のみならず、普段の生活を安静に送っているだけでも起こりやすいです。

妊娠と出産を終えた後から突然ばね指になる方も多いですし、年齢が高くなって更年期の症状が気になり始めた時に合わせてばね指の症状と原因が関係する方もいます。

こうした妊娠や出産、更年期が関係している時には根底にホルモンバランスがある上に中指や親指に多く見られます。

治療法について

ばね指になった時に行われるのは保存療法と手術療法で、手術療法では症状と原因になっている所を切り離して、引っかかりを無くす事で再びスムーズに動かせるようにします。

ばね指の症状でお悩みなら当院にお任せください

ばね指は、朝方に症状が強く、日中は使っていると症状が軽減することも少なくありません。
しかし、進行するとばね現象が生じて“ばね指”となり、さらに悪化すると指が動かない状態になるので注意が必要です。

ひまわり鍼灸整骨院では、丁寧にカウンセリングを行い患者様お一人お一人に合わせた施術を行います。痛みの原因にアプローチすることで、痛みの原因を根本から改善できるようにご提案させていただきます。

腕や指の痛みでお悩みの方はお気軽にご相談ください。ご来院お待ちしております。

京都府南丹市 | ひまわり鍼灸整骨院のお問い合わせ

お問い合わせ

店舗情報

院名 ひまわり鍼灸整骨院
住所 〒622-0011
京都府南丹市園部町上木崎町大将軍2-1
受付時間
(平日・土曜・祝日)
午前 9:00~12:30
午後 16:00~21:00
受付時間
(日曜日)
午前 9:00~13:00
午後 15:00~17:00
定休日 水曜日

Google Map

GoogleMap